読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドはかぞく、バンドとかぞく - Chefをつづる① -

 

「Chef  impair spleenってどういう意味なんですか?」

 

 

バンド活動をしておそらく最も聞かれたのがこの質問だ。

 

 

私達がこの名前を名乗るようになったのには勿論それなりの経緯があるのだが、いかんせん要約するのが面倒なのと、長く話す割には与える中身が薄いため、なんとなく誤魔化して適当に話すしかなかった。

 

「バンド名の由来」

 

後何回かで終わるであろうこのエッセイの、本日のテーマである。

 

 

バンドマンの皆さんは1度聞いたことがないだろうか。

 

ASIAN KUNG-FU GENERATION

 

BUMP OF CHICKEN

 

このような英単語3つを並べ、かつ「あ行」から始まり「ん」で終わるバンド名は

 

 

まあまあの確率で「売れる」と。

 

 

 

例えが偉大過ぎるのは、ここでは問題ではない。

 

この噂を見事に信じた男がいる。

 

 

私だ。

 

 

その噂によると、名前のニュアンスが良くなるから覚えてもらいやすいというのだ。

 

あと略しやすいとかなんとかもあるみたいだ。

 

後者は別に言葉の選びようだが、前者は確かに一理ある。

 

もう例に挙げたバンド名とか流れが良すぎて1秒で言えちゃうよね。

 

 

ごめん言えないわ、測ったら2秒5くらいだったわ。

 

 

そんなところで、バンド名は「英単語3つ」「あ行始まりのん終わり」という2要素で決めると心に誓ったのが高校3年の夏前、受験勉強をしようにもやり方がわからずとりあえずノートに単語書いて「結局センター試験ってなに?」と考えながら完全上の空だった時だ。

 

 

しかし、うんともすんともあ行の英単語が見つからない。

 

見つけてももうだいたい誰かが使っている。

 

やっぱり他で聞いたことあるやつはちょっと使うのためらう。

 

悩んだ挙句心に誓ったはずの「あ行始まり」をまず無かったことにした。

 

 

その代わりに、皆んなに覚えてもらえるような、固有名詞をつけるのはどうかと考えた。

 

例えバンド名が訳分からなくても、固有名詞を付けておけば、その名前で呼んでもらえる。そのまま略した事にもなるので良いアイデアだと思った。

 

 

付けても大丈夫そうな固有名詞を身の回りで探す日々。

 

それでも簡単に見つかる訳はなく、今ひとつだなあとしっくりこない。

 

 

身の回り…身近なもの……

 

みのわまり……ミノノマワワワ………

 

 

シェフ

 

シェフは?

 

シェフだ〜

 

シェフだわ〜

 

決まったのである。

 

 

どうしてシェフなのかは次回のお話。

 

 

 

受験勉強はちなみに2学期からようやく理解して取り組みましたとさ。