読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドはかぞく、バンドとかぞく - Chef をつづる② -

 

今回のエッセイ、万が一家族に見られても大丈夫な感じにしたい。

 

 

父は料理人である。

 

 

若い頃から好きで、調理器具や調味料なんかを買い集めては作っていたらしい。

 

 

母も料理が上手いので、おかげで自慢じゃないが私の舌はそれなりに肥えている。

 

友達によると、美味いものと不味いものに対する態度がわかりやすく、さらに美味いものは食べるペースが早いらしい。

 

 

今後彼女ができても、手料理を作ってもらうなら自分が作りたい程だ。

これも自慢じゃ無いが、私の料理ははっきり言って下手では無い。

 

 

大丈夫だ、そんな奴に彼女は出来ない。

 

あれ、おかしいな、目が潤ってきたぞ……

 

 

 

父が作っていたのは創作料理だった。

 

 

色んな知識を集め、アイデアを真似て、面白くて美味しいものを作る事が父の仕事なのだ。

 

 

父の作る料理で笑う人を見た事だって当然ある。

 

皆んな嬉しそうに食べながら酒を飲み、話をするのだ。

 

 

そんな環境が当然好きであろうから、ほとんど子供に干渉しなかった。

 

父からは育ててもらったという意識はあまり無い。

どちらかと言えば育ててもらったのは偉大なる母からである。

 

でも当時も今も変わらず、私は父が誇らしく、好きなのだ。

 

 

私は誰かの為に音楽をやる事を目的としたかった。

 

心を引きつけ、何かの力になる音楽がしたかった。

 

 

そこで父の作った世界は、少なからず私の憧れだったのである。

 

音楽と料理、同じ道では無く、直接的な関係性は無い。

 

 

しかし、考えながら作り出し、誰かに提供する事で役割を全うするところで共通してると思うのだ。

 

そしてそれが楽しく、面白いなら素晴らしい。

 

シェフは面白いものを誰かの為に作る人

として考えるようになった。

 

これは当時のバンドに対する思いと同じだった。

 

 

可愛くてダサい固有名詞でシェフって付けました!とはその場しのぎの理由である。

 

今書いてても恥ずかしいくらいだが、シェフという名前にそういう気持ちを詰め込んでいたのだ。

 

実際そうそう上手くはいかなかったけどね笑

 

そしてimpair spleenの話はここでは言えない。

 

どうしてって?あれだけためたのにって?

 

大人の都合だよ。

 

皆んなは小さい頃にサンタの正体を明かされたかい?

子供はどうやってできるの?って言われてコウノトリの話をされたことは?

 

公には言ってはいけない事があるだろう、impair spleenの話はそれだよ。

 

文句があるならメンバーに聞いてくれよ、直接。

 

 

バンド名の由来はこんな感じだ。

 

あともうちょっとだけこのテーマは続きます。

 

どうぞよければお付き合いを。